テキストモンスターの遊びかた

概要

テキストモンスター オープンハウス版は NTTコミュニケーション科学基礎研究所 オープンハウス2020における31の展示ページ をBLUE, RED, YELLOW, GREENの4チームでうばいあうゲームだ! 展示ページをうばうにはNTTの研究開発のページでモンスター化された単語、通称 テキモン を集めよう。そうやって集めた テキモン をうばいたい展示ページに放つのだ!!

ゲームは「捕獲モード(ほかくモード)」と「放牧モード(ほうぼくモード)」に分かれている。まずは捕獲モードでテキモンを集めよう。 テキモンを何匹か捕まえたら、今度は放牧モードでテキモンを展示ページに放牧してみよう。放牧数が多いチームがその展示ページの覇者になるぞ。

インストール

まずテキストモンスターをGoogle Chromeにインストールしよう。トップページのダウンロードボタンを押して、Chromeウェブストアのテキストモンスターのページを開こう。 右上の「Chromeに追加」ボタンを押すと、ChromeにテキストモンスターChrome拡張が追加されるぞ。

Chrome拡張をインストールすると、Chromeブラウザの右上にテキモンボタンが表示される。 テキモンボタンが表示されなければ関東地方のようなボタンをクリックしようそこにボタンがあるはずだ。ピンを固定しておくと次から常に表示されるようになるぞ。

ゲームの始めかた

ゲームを始める前に、プレイヤー登録が必要だ。プレイヤー登録をまだしていないプレイヤーはテキモンボタンを押すとプレイヤー登録ボタンが表示される。プレイヤー登録ボタンを押し、利用規約に同意するとゲームを開始できる。
プレイヤーの名前は「あんのーん」からスタートだ。ゲームが進むと、捕獲したテキモンの名前を組み合わせてプレイヤーの名前を変更できるようになるぞ。 チームは、ゲーム開始時にランダムに決定される。

拡張メニューとメインメニュー

テキストモンスターには2つの重要なメニューがある。まずはそのメニューについて説明しよう。

拡張メニュー

テキモンボタンをクリックすると表示されるポップアップウインドウが拡張メニューだ。 拡張メニューには、4つのボタンがある。それぞれ以下の機能がある。
  • ゲーム画面を開く: 開いているページでテキストモンスターがはじまる。NTT 研究開発及びオープンハウス2020展示のページ以外ではゲーム画面は開かないので注意してくれ
  • ゲームの自動実行: ONにしておくと、上記ゲームが可能なページでは、自動的にテキストモンスターのゲーム画面が起動するぞ。
  • 記事のランダム表示:NTT 研究開発内のWebページが表示されるぞ。

メインメニュー

メインメニューは、拡張メニューでゲームの自動実行をONにしているか、ゲーム画面を開くボタンを押すと表示される メニュー画面だ。捕獲モードと放牧モードのどちらかによって表示が変わる。現在どちらのモードかは、 メニューの左上を確認しよう。 このゲームの基本的な流れは、まず捕獲モードでテキモンを探し、見つけたテキモンを捕獲し、何匹かテキモンを捕獲する。そうしたら、放牧モードに切り替えて Webページにテキモンを放牧し、チームごとのポイントによってWebページを奪い合う。といった感じだ。では、それぞれのモードについて説明しよう。
捕獲メニュー
放牧メニュー

捕獲モード

まずは拡張メニューからランダムに記事を表示してゲームをはじめよう。テキモンが何匹かあらわれるはずだ。 開催中は下の放牧地で紹介する31のページのみでテキモンの捕獲、放牧が可能なので気を付けてくれ。 捕獲モードでは、いくつかの単語がテキモンに置き換わるぞ。このテキモンをクリックして捕獲に挑戦しよう。 テキモンは気まぐれだ。いつも同じテキモンが同じ場所にいるとは限らない。捕まえたいテキモンを見つけたときにはすぐに捕獲しよう。
ページには隠れているテキモンもいる。隠れているテキモンは、似ている単語に隠れる傾向にあるようだ。 似ていると思った単語をクリックして、テキモンを発見しよう。

テキモンをクリックしたら捕獲ゲームがはじまるッ!捕獲ゲームにクリアしたら、そのテキモンを仲間にできるぞ!! 捕獲ゲームは二種類ある。

単語入力ゲーム

  • 捕まえようとするテキモンと、みんなが同じぐらいなじみがあると感じていそう(単語親密度が同程度)な単語を入れてエンターキーを押そう。
  • テキモンが気に入ってくれる単語をいくつか入力できるとテキモンを捕まえるられるぞ。
  • 興味のない単語をたくさん入れてしまうとテキモンは逃げて行ってしまう。テキモンが逃げる前に気に入りそうな単語をたくさん入力しよう。
  • 同じ日に何度も同じ単語を入力すると呆れられてしまうので気を付けよう。

並べ替えゲーム

  • 捕まえようとするテキモンとその他の4つの単語を比べて、上からみんなになじみがあると思う順番(単語親密度の高い順番)に並べ替えよう。
  • 単語の横の△▽を押すと、単語の順番が変わる。一番上に一番なじみのありそうな単語、一番下に一番なじみのなさそうな単語になるように単語を並べよう。
  • 順番を並べ終わったら、判定ボタンを押そう。正しい順番に並べ替えられていると、テキモンを捕まえられるぞ。

放牧モード

放牧モードはチーム戦だ。捕獲ゲームで仲間にしたテキモンを下の31個の放牧地(オープンハウス2020のページ)に放牧しよう。 たくさんのテキモンを放牧しているチームがそのページを確保できるッ!たくさんのページを確保している チームが優勝だ!!
放牧の方法を説明しよう。「このページにテキモンを放牧する」、をクリックし、テキモン選択画面でこのページに放牧したいテキモンを選ぼう。

放牧すると,テキモンはページの上を動き出す。 放牧地によっては、隠れていたテキモンしか放牧できない場合もあるので注意してくれ。 放牧地は、テキモンを一番たくさんしたチームの領土となる。チームの優勝を目指して、どんどん捕まえたテキモンを放牧しよう。

放牧地の紹介

期間中は、NTTコミュニケーション科学基礎研究所2020の31の展示ページを放牧地として利用できる。 拡張メニューの「ランキングページを見る」または、捕獲メニューの「放牧できる場所をさがす」を押して開いたチームランキングのページからも各展示ページに飛ぶことができるぞ。 展示ページでどんどんテキモンを放牧して自分のチームを1位にしよう。

ランキングとマイページ

テキモンを放牧したら、ランキングページで状況を確認しよう。

チームランキング

チームランキングでは、チームの順位と領土の一覧が表示される。チームの順位を上げるにはどの領土にテキモンを放牧するのが近道か,確認しよう。基本的には領土数が多いチームが上位になるが、実はランキングページで色の濃い一部ページでは、ポイントがたくさんたまるようだ。チームの順位は領土数ではなく、このポイントの合計で決まるので注意してくれ。

プレイヤーランキング

プレイヤーランキングではプレイヤーの順位と情報を公開しているプレイヤーの捕獲したテキモンや放牧地の一覧を見ることができる。プレイヤーのポイント(pt)は、テキモンを放牧した数で決まるので、テキモンをどんどん放牧しよう。

マイページ

マイページでは、これまでのプレイを振り返ったり、名前を変更することができる。拡張メニューから「マイページを見る」をクリックしてアクセスできる。

  • テキモン一覧:これまでに捕まえたテキモンの一覧。
  • 狩場一覧:これまでにテキモンを捕まえたWebページの一覧。
  • 放牧地一覧:テキモンを放牧しているWebページの一覧。
  • 改名:これまでに捕まえたテキモンを組み合わせて、プレイヤーの名前(12文字まで)を設定できる。
  • モンタージュ:プレイヤーの見た目を変更できる。
  • 公開のON/OFF:テキモン一覧、狩場一覧、放牧地一覧を他のプレイヤーに公開するかを設定できる。
  • テキストモンスターの秘密、単語親密度って?

    単語親密度って?ここからはむずかしい説明だ。単語親密度(word familiarity)とは、ある単語がどの程度な じみがあると感じられるかを表した指標だ。 詳しくは ここ を見てみよう。

    例えば、「山」「川」といった 単語は多くの人にとってなじみがある、つまり単語親密度は高い。一方、「為替」や「桔梗」といった単語は それらに比べればなじみが薄いと感じ、「律師」や「暗渠」といった単語はさらになじみが薄いと感じる人が多いはずだ。 つまり単語親密度は「山」「川」が一番高く、次に「為替」や「桔梗」となり、「律師」や「暗渠」では低くくなる。同じぐらい の年頃に習った単語をイメージすると、単語親密度も近い場合が多いらしいが、必ずしもそうとも言えない。なかなか難しいな。
    テキモンの捕獲ゲームでは、単語入力ゲームでも並べ替えゲームでも、捕獲したい単語と、入力したり並べ替えに使った単語の 親密度を比較して、捕獲の成功/失敗を判定している。これがテキストモンスターの秘密だ。
    さて、秘密がわかったところで、どんどんテキモンを捕獲して、どんどん放牧してくれ。検討を祈る。

    その他

    動作環境

    テキストモンスターは以下の環境で動作を確認しているが、実験公開中のため、環境によっては動かないかもしれない。その場合は許してくれ。
  • ブラウザ:最新版 Google Chrome
  • OS:Windows10,Mac OS
  • 問い合わせ

    テキストモンスターに関する質問、問い合わせなどは以下まで。
    cs-textmonster-ml@hco.ntt.co.jp